絵画検討社は、画家・高田マルによる一人出版レーベルです。「社」とついていますが、会社組織ではありません。 その名のとおり、絵画を検討する本を出版するために発足しました。
世の中には美術書を発行する版元がいくつもありますが、私はあくまでも画家としてこのレーベルをやりたいと考えています。実際に私が編集作業をやるわけですが、私は編集者でも、ましてや美術を言語で表現する批評家や歴史家でもありません。
どういうこと?と思ったら、ぜひ絵画検討社の本を手に取っていただけたら幸いです。 刊行ペースは非常にゆっくりになりますが、誠心誠意、検討して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
高田マル(画家、絵画検討社代表)
Back to Top